転職回数

1.転職の回数はキャリアアップ
やはり、看護師の場合であっても転職が何回もあると良くない印象となるのかというと、そうであるとは言い切れません。自己PRをうまくできれば、意欲と経験があるといったイメージを持ってもらうことも可能です。

しかし、勤務の期間がほんの少しであると、雇ってもすぐにやめてしまうのではと思われてしまう可能性が高いでしょう。看護師免許を取るには、何通りかのコースが挙げられます。看護師免許を取るためには、国家試験を受ける必要がありますが、突然、試験を受けることは認められていません。試験を受けさせてもらうためには看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうち、どれかの学校で、看護に関して学ぶ必要があるのです。もし、看護専門職の人が違う仕事場に移るなら、インターネットの転職サポートサービスを使うとよいでしょう。看護職の募集は、職業安定所や求人情報誌には表に出ていないものもたくさんあります。看護職員にフォーカスしたウェブの求人サポートはこの点、限定公開の人材募集をチェックできるのみならず、たとえば、勤め先がどのようなムードか等も調べることもできます。

2.転職でいろいろ駆け引きが出来ます。
躊躇しがちな給与や労働時間、保険、休暇等のかけひきを依頼することも可能です。看護師のための転職サイトの中に、祝い金をもらえるサイトが存在します。転職するだけなのにお金をもらえるのは嬉しくなりますよね。けれど、お祝い金を受け取るためには条件が大抵はあるため、チェックを事前にきちんとしておくようにした方がよいでしょう。それとは別に、祝い金のサービスがない転職サイトの方がサービスが良い場合も出てきます。看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長時間勤務となっていて、勤務中でも仮眠をとれることになっています。月に8回までと国の指針によって決められていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。勤め先の勤務形態によっては、規則的な生活を送れなくなったり、疲れが抜けにくかったりするのも、看護師が長続きしない理由の一つかもしれません。看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べて特殊である上に職場によっても変わります。現場では一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっている場合が多いでしょう。約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、3交代制を導入している病院が多いのです。しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。

3.福祉施設も視野に
昨今は高齢化社会が進み、福祉施設でも看護師のニーズは広がってきているのです。それに、大手の会社になると看護師は医務室にもいて、健康に関する相談や健康診断、ストレスといった精神面でのケアを実施しています。こういった場合には、その企業の社員として入社するといったこともありうるでしょう。看護スタッフが別な職場を探すときのポイントは、勤労条件についての要望を始めに言語化できるようにしておきたいものです。夜間に働くのは避けたい、休みの日が減るのは困る、患者さんの息をひきとる場は遠慮したいなど、個人個人で仕事への要望は異なります。今の日本ではナースの手が足りない職場はたくさんありますので、条件のそぐわない勤務先で限界を待つ意味はありません。看護師国家試験に合格するよりも、看護学校を無事に卒業することの方が困難だと思う人も少なくありません。看護学校は大変厳しく、レポートの提出が遅れてしまったり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年させられるそうです。それほど厳しい学校を卒業し、国家試験も見事に合格した方には、ぜひとも看護師の仕事についてほしいものですね。看護師が転職をするにあたっては、未来のことを考え、迅速に行動することが重要です。それから、どんな点が大切なのかを決定しておいた方がいいでしょう。将来の自分をはっきり想像して、その希望に沿った転職先の情報を集めてください。給与額とか職場環境、勤務形態など、自分にとって重要な条件もリストアップしておきましょう。