友人の紹介で転職するデメリット

友人が紹介してくれた職場に転職をする場合いは、実はデメリットというものが存在します。内部事情をしっかりと聞ける、採用率が高いなどのメリットの逆側にあるこのデメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。まずは再度の転職はしずらいという点です。いくら友人から職場の内情などを詳しく聞いていたとしても、実際に仕事を始めてみたら想像していた通りではなかった。友人が言っていたことは表面的な事だけで、内情としてはまったく異なることだった。というケースは決して起こらないという訳ではありませんよね。でも、想像していたのと違うから辞めます。というのは、友人の顔に泥を塗ってしまう行為になるために、難しくなりますよね。友人からしたら裏切られたと感じるかもしれません。友人の紹介によって転職した場合、もしかしたら他の職員からさけられてしまう可能性も実はあります。友人の職場内の立ち位置や、その職場がどれだけ人気がある職場だった場合、コネによって転職してきたのではないか?と取られることがあります。初めから人間関係に躓いてしまうということは、ないとは言い切れませんよね。